メニューを開く 検索

トップ »  医療ニュース »  2024年 »  小児 »  原因不明の小児重症急性肝炎の謎が解明?

原因不明の小児重症急性肝炎の謎が解明?

アデノウイルス関連の重複感染が危険因子に浮上

2024年02月13日 17:15

207名の医師が参考になったと回答 

イメージ画像 © Adobe Stock ※画像はイメージです

 2021〜22年に発生した原因不明の小児重症急性肝炎(SAHUA)は、世界35カ国で1,000例超の患児が報告された。オーストラリア・University of SydneyのJulie Phan氏らは、SAHUAに関するシステマチックレビューおよびメタ解析を世界で初めて実施。SAHUAの重症度は高く、アデノウイルス(HAdV)/アデノ随伴ウイルス2(AAV2)の重複感染、および他の病原体との重複感染がSAHUAと強く関連するとJ Infect2024; 88: 2-14)に報告した(関連記事『原因不明の小児肝炎が112例に、1例で移植』『世界で相次ぐ小児重症肝炎、早期対応を』)。

…続きを読むにはログイン

無料でいますぐ会員登録を行う

【医師限定】

初回登録で500円分のポイントをもれなく進呈!

(4月末迄/過去ご登録のある方を除く)

  • ・ ご利用無料、14.5万人の医師が利用
  • ・ 医学・医療の最新ニュースを毎日お届け
  • ・ ギフト券に交換可能なポイントプログラム
  • ・ 独自の特集・連載、学会レポートなど充実のコンテンツ

ワンクリックアンケート

大阪万博まであと1年

トップ »  医療ニュース »  2024年 »  小児 »  原因不明の小児重症急性肝炎の謎が解明?