メニューを開く 検索

トップ »  医療ニュース »  2024年 »  短報 »  デュピルマブが特発性の慢性蕁麻疹に適応拡大

デュピルマブが特発性の慢性蕁麻疹に適応拡大

サノフィ

2024年02月13日 18:18

58名の医師が参考になったと回答 

 サノフィは2月9日、抗インターロイキン(IL)-4/13受容体抗体デュピルマブ(商品名デュピクセント)について、「既存治療で効果不十分な特発性の慢性蕁麻疹」への適応拡大が承認されたと発表した。

 今回の承認は、慢性蕁麻疹患者を対象にデュピルマブの有効性と安全性を検討した国際共同第Ⅲ相試験CUPIDの結果に基づく。同薬の適応症は、アトピー性皮膚炎、結節性痒疹、気管支喘息、鼻茸を伴う慢性副鼻腔炎と合わせて5つとなった。

無料でいますぐ会員登録を行う

【医師限定】

初回登録で500円分のポイントをもれなく進呈!

(5月末迄/過去ご登録のある方を除く)

  • ・ ご利用無料、14.5万人の医師が利用
  • ・ 医学・医療の最新ニュースを毎日お届け
  • ・ ギフト券に交換可能なポイントプログラム
  • ・ 独自の特集・連載、学会レポートなど充実のコンテンツ

ワンクリックアンケート

資産形成。投資するなら?

トップ »  医療ニュース »  2024年 »  短報 »  デュピルマブが特発性の慢性蕁麻疹に適応拡大