メニューを開く 検索

トップ »  医療ニュース »  2024年 »  ヘルスデーニュース »  迷走神経刺激療法とリハビリの併用が脳卒中後の上肢の機能回復に有効

迷走神経刺激療法とリハビリの併用が脳卒中後の上肢の機能回復に有効

2024年02月14日 17:20

124名の医師が参考になったと回答 

イメージ画像

 脳卒中の後遺症で腕が不自由になることの影響は計り知れないほど大きいが、脳卒中を経験した人に希望をもたらす臨床試験の結果が明らかになった。迷走神経刺激療法(VNS)と集中的なリハビリテーション(リハビリ)を組み合わせることで、障害が残った腕や手をコントロールする機能の回復を促せる可能性のあることが示された。この試験は米MGHインスティテュート・オブ・ヘルス・プロフェッションズのTeresa Kimberley氏らが実施したもので、国際脳卒中学会(ISC 2024、2月7~9日、米フェニックス)で報告された。

…続きを読むにはログイン

無料でいますぐ会員登録を行う

【医師限定】

初回登録で500円分のポイントをもれなく進呈!

(4月末迄/過去ご登録のある方を除く)

  • ・ ご利用無料、14.5万人の医師が利用
  • ・ 医学・医療の最新ニュースを毎日お届け
  • ・ ギフト券に交換可能なポイントプログラム
  • ・ 独自の特集・連載、学会レポートなど充実のコンテンツ

ワンクリックアンケート

大阪万博まであと1年

トップ »  医療ニュース »  2024年 »  ヘルスデーニュース »  迷走神経刺激療法とリハビリの併用が脳卒中後の上肢の機能回復に有効