メニューを開く 検索

トップ »  医療ニュース »  2024年 »  がん »  脂質異常症治療薬の長期使用、がん種でリスクに差

脂質異常症治療薬の長期使用、がん種でリスクに差

日本人対象の前向き大規模コホート研究JPHC Studyの解析結果

2024年02月15日 17:00

210名の医師が参考になったと回答 

イメージ画像 © Adobe Stock ※画像はイメージです

 大阪大学大学院社会医学講座環境医学の大北友紀氏らは、日本の大規模コホート研究JPHC Studyの参加者6万例超を対象に、スタチン系薬を中心とする脂質異常症治療薬の長期使用と新規がん発症リスクとの関連を検討。その結果、不使用群と比べて5年超の長期使用群で肝がんのリスクが低下した一方、膵がんのリスクは上昇したとSci Rep2024; 14: 2896)に発表。また肺がんのリスクは男女で異なっていた。

…続きを読むにはログイン

無料でいますぐ会員登録を行う

【医師限定】

初回登録で500円分のポイントをもれなく進呈!

(4月末迄/過去ご登録のある方を除く)

  • ・ ご利用無料、14.5万人の医師が利用
  • ・ 医学・医療の最新ニュースを毎日お届け
  • ・ ギフト券に交換可能なポイントプログラム
  • ・ 独自の特集・連載、学会レポートなど充実のコンテンツ

ワンクリックアンケート

大阪万博まであと1年

トップ »  医療ニュース »  2024年 »  がん »  脂質異常症治療薬の長期使用、がん種でリスクに差