メニューを開く 検索

トップ »  医療ニュース »  2024年 »  薬剤情報 »  ペムブロ、進行期Ⅲ〜ⅣAの子宮頸がんで化学放射線療法との併用をFDAが承認

ペムブロ、進行期Ⅲ〜ⅣAの子宮頸がんで化学放射線療法との併用をFDAが承認

MSD

2024年02月15日 18:00

68名の医師が参考になったと回答 

 MSDは2月13日、国際産婦人科連合(FIGO)2014進行期分類Ⅲ〜ⅣA期の子宮頸がんに対する抗PD-1抗体ペムブロリズマブ(KEYTRUDA)と化学放射線療法(CRT)との併用療法で、米食品医薬品局(FDA)の承認を取得したと発表した。化学放射線療法との併用療法として承認された抗PD-1抗体としてはペムブロリズマブが初となる。

 承認の根拠となった第Ⅲ相KEYNOTE-A18試験の結果によると、FIGO 2014進行期分類のⅢ〜ⅣA期の子宮頸がん患者において、プラセボ+CRT群と比べKEYTRUDA+CRT群では無増悪生存期間(PFS)が改善し、疾患進行または死亡のリスクを41%有意に低下した(ハザード比0.59、95%CI 0.43~0.82)という。PFS中央値は疾患進行または死亡のイベントが少なく、両群とも未到達だった。

無料でいますぐ会員登録を行う

【医師限定】

初回登録で500円分のポイントをもれなく進呈!

(4月末迄/過去ご登録のある方を除く)

  • ・ ご利用無料、14.5万人の医師が利用
  • ・ 医学・医療の最新ニュースを毎日お届け
  • ・ ギフト券に交換可能なポイントプログラム
  • ・ 独自の特集・連載、学会レポートなど充実のコンテンツ

ワンクリックアンケート

大阪万博まであと1年

トップ »  医療ニュース »  2024年 »  薬剤情報 »  ペムブロ、進行期Ⅲ〜ⅣAの子宮頸がんで化学放射線療法との併用をFDAが承認