メニューを開く 検索

トップ »  医療ニュース »  2024年 »  がん »  禁煙によるがん予防、10年後に効果を発揮

禁煙によるがん予防、10年後に効果を発揮

特に肺がんで顕著

2024年02月21日 05:00

237名の医師が参考になったと回答 

イメージ画像 © Adobe Stock ※画像はイメージです

 喫煙はさまざまながんのリスク上昇と関連しており、禁煙はがんリスクを低減するとされているが、がんリスクの有意な低下に必要な禁煙年数は明らかでない。韓国・National Cancer Center Graduate School of Cancer Science and PolicyのEunjung Park氏らは、禁煙期間に応じたがんリスクの経時的変化と、禁煙の開始年齢による便益を検討する後ろ向きコホート研究を実施。がんリスクは禁煙開始から10年経過後に低下し始めること、禁煙は開始年齢を問わずがんリスク低下に有益であることをJAMA Netw Open2024; 7: e2354958)に報告した。

…続きを読むにはログイン

無料でいますぐ会員登録を行う

【医師限定】

初回登録で500円分のポイントをもれなく進呈!

(4月末迄/過去ご登録のある方を除く)

  • ・ ご利用無料、14.5万人の医師が利用
  • ・ 医学・医療の最新ニュースを毎日お届け
  • ・ ギフト券に交換可能なポイントプログラム
  • ・ 独自の特集・連載、学会レポートなど充実のコンテンツ

ワンクリックアンケート

大阪万博まであと1年

トップ »  医療ニュース »  2024年 »  がん »  禁煙によるがん予防、10年後に効果を発揮