メニューを開く 検索

トップ »  医療ニュース »  2024年 »  短報 »  協和キリン、高リン血症治療薬テナパノル発売

協和キリン、高リン血症治療薬テナパノル発売

2024年02月21日 13:39

65名の医師が参考になったと回答 

 協和キリンは昨日(2月19日)、高リン血症治療薬テナパノル(商品名フォゼベル錠5mg、10mg、20mg、30mg)を本日発売すると発表した(関連記事「tenapanor、透析中の高リン血症を適応に承認申請 」)。

 テナパノルは米・Ardelyx社によって創製され、同国で開発が進められたファーストインクラスのリン吸収阻害薬。既存の高リン血症治療薬とは異なる新規の作用機序を有しており、腸管上皮細胞のナトリウムイオン/プロトン交換輸送体3(NHE3)を阻害し、細胞間隙のリン透過性を低下させることで同疾患の治療を実現する。

無料でいますぐ会員登録を行う

【医師限定】

初回登録で500円分のポイントをもれなく進呈!

(4月末迄/過去ご登録のある方を除く)

  • ・ ご利用無料、14.5万人の医師が利用
  • ・ 医学・医療の最新ニュースを毎日お届け
  • ・ ギフト券に交換可能なポイントプログラム
  • ・ 独自の特集・連載、学会レポートなど充実のコンテンツ

ワンクリックアンケート

グーグルマップに医療機関への不当な投稿問題、どう考える?

トップ »  医療ニュース »  2024年 »  短報 »  協和キリン、高リン血症治療薬テナパノル発売