メニューを開く 検索

トップ »  医療ニュース »  2024年 »  時事メディカル »  新出生前診断、ルール案了承 対象疾患拡大の臨床研究―こども家庭庁専門委〔時事メディカル〕

新出生前診断、ルール案了承 対象疾患拡大の臨床研究―こども家庭庁専門委〔時事メディカル〕

2024年02月22日 10:39

116名の医師が参考になったと回答 

 妊婦の血液から胎児の染色体異常を調べる新型出生前診断を巡り、こども家庭庁の専門委員会は21日、検査対象を現在の3疾患から広げる場合のルール案をおおむね了承した。検査は臨床研究として日本医学会の認証施設で実施し、事前に関連学会に意見を求めることなどが盛り込まれた。

スクリーンショット 2024-02-22 104139.png

 同診断は現在、認証施設でダウン症など3疾患に限って実施されている。一方、非認証施設では3疾患以外でも検査している所が多いとされるが、検査精度が十分には確立されていないという。

 このため、検査拡大に当たっては、日本医学会の認証施設で臨床研究として進めるべきだとした。施設内での審査に先立ち、日本産科婦人科学会など3学会に意見を求め、施設の研究者は学会側から出された意見を踏まえて対応するとした。

 専門委では、3疾患以外を調べる際は、胎児に疾患がある確率が高い場合を対象にすべきだと指摘された。ルール案は今後、こども家庭庁の専門部会で正式に了承される見通し。

(2023年2月21日 時事メディカル)

無料でいますぐ会員登録を行う

【医師限定】

初回登録で500円分のポイントをもれなく進呈!

(4月末迄/過去ご登録のある方を除く)

  • ・ ご利用無料、14.5万人の医師が利用
  • ・ 医学・医療の最新ニュースを毎日お届け
  • ・ ギフト券に交換可能なポイントプログラム
  • ・ 独自の特集・連載、学会レポートなど充実のコンテンツ

ワンクリックアンケート

大阪万博まであと1年

トップ »  医療ニュース »  2024年 »  時事メディカル »  新出生前診断、ルール案了承 対象疾患拡大の臨床研究―こども家庭庁専門委〔時事メディカル〕