メニューを開く 検索

トップ »  医療ニュース »  2024年 »  糖尿病・内分泌 »  ウゴービ皮下注、内臓脂肪面積減少にも効果

ウゴービ皮下注、内臓脂肪面積減少にも効果

ノボ ノルディスクファーマ

2024年02月22日 19:12

215名の医師が参考になったと回答 

イメージ画像

 本日(2月22日)ノボ ノルディスクファーマは、週1回皮下投与のGLP-1受容体作動薬セマグルチド(抗肥満薬としての商品名ウゴービ皮下注)を発売したのを機に、プレスセミナーを開催した。ウゴービ皮下注は昨年(2023年)11月22日付で保険収載されており、承認から11カ月を経ての発売となる(関連記事「承認から11カ月、ついに抗肥満薬ウゴービ発売」)。同社はプレスセミナーで、同薬が果たす社会的意義、臨床的意義について説明。内臓脂肪面積(VFA)の減少にも効果があるとのデータも示した。

…続きを読むにはログイン

無料でいますぐ会員登録を行う

【医師限定】

初回登録で500円分のポイントをもれなく進呈!

(4月末迄/過去ご登録のある方を除く)

  • ・ ご利用無料、14.5万人の医師が利用
  • ・ 医学・医療の最新ニュースを毎日お届け
  • ・ ギフト券に交換可能なポイントプログラム
  • ・ 独自の特集・連載、学会レポートなど充実のコンテンツ

ワンクリックアンケート

大阪万博まであと1年

トップ »  医療ニュース »  2024年 »  糖尿病・内分泌 »  ウゴービ皮下注、内臓脂肪面積減少にも効果