メニューを開く 検索

トップ »  医療ニュース »  2024年 »   »  加齢黄斑変性にファリシマブ、簡便な投与法

加齢黄斑変性にファリシマブ、簡便な投与法

導入期省略レジメンの成績を検討

2024年02月27日 05:00

167名の医師が参考になったと回答 

 滲出型加齢黄斑変性(AMD)に対する抗血管内皮細胞増殖因子(VEGF)療法に用いる5剤目の薬剤として、2022年にバイスペシフィック抗体のファリシマブが登場した。臨床試験などで、AMDに対するファリシマブ硝子体内投与(IVF)レジメンには導入期が設定されているが、長崎大学大学院眼科・視覚科学分野准教授の大石明生氏は、第62回日本網膜硝子体学会(2023年11月24~26日)で導入期を省略した簡便なTreat and Extend(TAE)法について報告。「導入期を設けなくても、ファリシマブはAMDの疾患活動性を抑えた上で、半年後の時点で注射回数を減らし、投与期間を延長できた」と述べた。

…続きを読むにはログイン

無料でいますぐ会員登録を行う

【医師限定】

初回登録で500円分のポイントをもれなく進呈!

(4月末迄/過去ご登録のある方を除く)

  • ・ ご利用無料、14.5万人の医師が利用
  • ・ 医学・医療の最新ニュースを毎日お届け
  • ・ ギフト券に交換可能なポイントプログラム
  • ・ 独自の特集・連載、学会レポートなど充実のコンテンツ

ワンクリックアンケート

大阪万博まであと1年

トップ »  医療ニュース »  2024年 »   »  加齢黄斑変性にファリシマブ、簡便な投与法