メニューを開く 検索

トップ »  医療ニュース »  2024年 »  女性疾患・周産期 »  妊娠中の体重増加で35年後の慢性疾患リスク増

妊娠中の体重増加で35年後の慢性疾患リスク増

2024年02月27日 18:05

181名の医師が参考になったと回答 

 妊娠糖尿病(GDM)と妊娠高血圧症候群(HDP)は、糖尿病、高血圧、脂質異常症、心血管疾患などの慢性疾患のリスクを高めることが知られている。また妊娠中の過度の体重増加とGDMおよびHDPとの関連も示されている。しかし、妊娠中の体重増加が将来の慢性疾患リスクに及ぼす影響は明らかでない。国立成育医療研究センター周産期・母性診療センターの上原有貴氏らは、母子健康手帳データを用いたヒストリカルコホート研究で、この問題を検討。体重の増加が適正だった女性に比べ、過剰だった女性では約35年後の慢性疾患リスクが高かったとの結果をSci Rep2024; 14: 659)に報告した。(関連記事「妊娠中における体重増加指導の目安を策定」)

…続きを読むにはログイン

無料でいますぐ会員登録を行う

【医師限定】

初回登録で500円分のポイントをもれなく進呈!

(4月末迄/過去ご登録のある方を除く)

  • ・ ご利用無料、14.5万人の医師が利用
  • ・ 医学・医療の最新ニュースを毎日お届け
  • ・ ギフト券に交換可能なポイントプログラム
  • ・ 独自の特集・連載、学会レポートなど充実のコンテンツ

ワンクリックアンケート

グーグルマップに医療機関への不当な投稿問題、どう考える?

トップ »  医療ニュース »  2024年 »  女性疾患・周産期 »  妊娠中の体重増加で35年後の慢性疾患リスク増