メニューを開く 検索

トップ »  医療ニュース »  2024年 »  時事メディカル »  出生数、過去最少75万人 8年連続減、少子化加速鮮明に―23年人口動態統計速報・厚労省〔時事メディカル〕

出生数、過去最少75万人 8年連続減、少子化加速鮮明に―23年人口動態統計速報・厚労省〔時事メディカル〕

2024年02月27日 15:55

80名の医師が参考になったと回答 

 厚生労働省は27日、2023年の人口動態統計の速報値を公表した。年間出生数は75万8631人と、8年連続で過去最少を更新。1983年の約150万人から半減した。新型コロナウイルスの感染拡大で2020、21年の婚姻数が戦後最少を更新したことなどが影響したとみられ、少子化の加速化傾向が鮮明となった。

jiji240227-1.png

 厚労省の担当者は「晩婚化、晩産化の傾向に加え、コロナが婚姻活動や出産に影響した可能性がある」と話している。

 国立社会保障・人口問題研究所が17年に公表した将来推計人口では、53年に1億人を割り、65年には8808万人まで減る。想定を上回るスピードで少子化が進んでいることを受け、政府は今月、対策強化に向けた「子ども・子育て支援法」改正案などを閣議決定した。児童手当の拡充や、育児休業給付金の引き上げなどを盛り込み、28年度までに年3兆6000億円の予算を充てる方針だ。

 年間出生数は、第1次ベビーブーム(1947~49年)で約270万人、第2次ベビーブーム(71~74年)で約210万人に上った。91年以降は増減を繰り返しながら、2016年には100万人、19年には90万人、22年には80万人を下回った。

(2024年2月27日 時事メディカル)

無料でいますぐ会員登録を行う

【医師限定】

初回登録で500円分のポイントをもれなく進呈!

(4月末迄/過去ご登録のある方を除く)

  • ・ ご利用無料、14.5万人の医師が利用
  • ・ 医学・医療の最新ニュースを毎日お届け
  • ・ ギフト券に交換可能なポイントプログラム
  • ・ 独自の特集・連載、学会レポートなど充実のコンテンツ

ワンクリックアンケート

グーグルマップに医療機関への不当な投稿問題、どう考える?

トップ »  医療ニュース »  2024年 »  時事メディカル »  出生数、過去最少75万人 8年連続減、少子化加速鮮明に―23年人口動態統計速報・厚労省〔時事メディカル〕