メニューを開く 検索

トップ »  医療ニュース »  2024年 »  消化器 »  胃がん周術期の低栄養対策、要点を解説!

胃がん周術期の低栄養対策、要点を解説!

2024年02月28日 17:24

167名の医師が参考になったと回答 

 進行した消化器がんの治療では、術前の化学療法/放射線治療に加えて術後補助化学療法が必要になることがあり、一連の治療を円滑に行うためには副作用の低減や術後合併症の抑制が重要となる。また、消化器がん患者は低栄養状態に陥りやすく、術前に低栄養が併存すると術後合併症や予後への影響も懸念されることから周術期の適切な栄養管理が期待される。がん研有明病院(東京都)胃外科の松井亮太氏は、胃がん患者の周術期における低栄養対策の要点について、第27回日本病態栄養学会(1月26~28日)で解説した(関連記事「進行胃がん術前内臓脂肪量が長期予後に影響」)。

…続きを読むにはログイン

無料でいますぐ会員登録を行う

【医師限定】

初回登録で500円分のポイントをもれなく進呈!

(4月末迄/過去ご登録のある方を除く)

  • ・ ご利用無料、14.5万人の医師が利用
  • ・ 医学・医療の最新ニュースを毎日お届け
  • ・ ギフト券に交換可能なポイントプログラム
  • ・ 独自の特集・連載、学会レポートなど充実のコンテンツ

ワンクリックアンケート

大阪万博まであと1年

トップ »  医療ニュース »  2024年 »  消化器 »  胃がん周術期の低栄養対策、要点を解説!