メニューを開く 検索

トップ »  医療ニュース »  2024年 »  循環器 »  超高齢や腎機能障害も恐れず抗凝固療法を!

超高齢や腎機能障害も恐れず抗凝固療法を!

2024年02月28日 11:39

206名の医師が参考になったと回答 

 心房細動(AF)患者において、大出血を来した例では全死亡や血栓塞栓症リスクが著明に上昇し予後を悪化させる(Eur Heart J Qual Care Clin Outcomes 2021; 7: 163-171)。しかし、出血リスクが高いために「抗凝固療法はやめておこう」と考えがちなケースでも、施行が必要な症例が存在する。国立病院機構京都医療センター循環器内科診療科長の赤尾昌治氏は第24回動脈硬化教育フォーラム(1月28日)で、抗凝固療法施行に悩む7つのケースについて解説し「腎機能が低下した高齢者においても多くの場合は抗凝固療法が可能だ」と述べた。

…続きを読むにはログイン

無料でいますぐ会員登録を行う

【医師限定】

初回登録で500円分のポイントをもれなく進呈!

(4月末迄/過去ご登録のある方を除く)

  • ・ ご利用無料、14.5万人の医師が利用
  • ・ 医学・医療の最新ニュースを毎日お届け
  • ・ ギフト券に交換可能なポイントプログラム
  • ・ 独自の特集・連載、学会レポートなど充実のコンテンツ

ワンクリックアンケート

大阪万博まであと1年

トップ »  医療ニュース »  2024年 »  循環器 »  超高齢や腎機能障害も恐れず抗凝固療法を!