メニューを開く 検索

トップ »  医療ニュース »  2024年 »  皮膚 »  肝斑患者でうつ発症リスクが上昇

肝斑患者でうつ発症リスクが上昇

システマチックレビューおよびメタ解析で検討

2024年02月28日 15:37

157名の医師が参考になったと回答 

イメージ画像 © Adobe Stock ※画像はイメージです

 外観を損なう肝斑はQOLとメンタルヘルスに悪影響を及ぼし、うつの要因となる可能性がある。中国・First Clinical Medical College of Beijing University of Chinese MedicineのWenjing Chen氏らは、肝斑患者におけるうつ有病率を調査する目的でシステマチックレビューおよびメタ解析を実施。肝斑患者のおよそ10人に4人がうつを抱えていることや、うつ発症リスクが有意に高いことなどが明らかになったとFront Psychiatry2024; 14: 1276906)に報告した。

…続きを読むにはログイン

無料でいますぐ会員登録を行う

【医師限定】

初回登録で500円分のポイントをもれなく進呈!

(4月末迄/過去ご登録のある方を除く)

  • ・ ご利用無料、14.5万人の医師が利用
  • ・ 医学・医療の最新ニュースを毎日お届け
  • ・ ギフト券に交換可能なポイントプログラム
  • ・ 独自の特集・連載、学会レポートなど充実のコンテンツ

ワンクリックアンケート

グーグルマップに医療機関への不当な投稿問題、どう考える?

トップ »  医療ニュース »  2024年 »  皮膚 »  肝斑患者でうつ発症リスクが上昇