メニューを開く 検索

トップ »  医療ニュース »  2024年 »  循環器 »  男性の腹筋密度がCHDリスク低下と関連

男性の腹筋密度がCHDリスク低下と関連

米・MESA試験の補助的研究

2024年03月01日 15:13

143名の医師が参考になったと回答 

イメージ画像 ※画像はイメージです

 米・University of California, San DiegoのBritta Larsen氏らは、米国の6地域で行われているMulti-Ethnic Study of Atherosclerosis (MESA)試験の補助的研究として、参加者の筋肉組成と心血管疾患(CVD)との関連を検討。「男性の腹筋密度はCVDのうち冠動脈性心疾患(CHD)発症リスクの低下と、腹筋面積は同リスクの上昇と有意な関連を認めたが、脳卒中に関しては有意な関連はなかった。女性ではいずれのCVDとも関連は示されなかった」とJ Am Heart Assoc(2024; 13: e032014)に報告した。

…続きを読むにはログイン

無料でいますぐ会員登録を行う

【医師限定】

初回登録で500円分のポイントをもれなく進呈!

(4月末迄/過去ご登録のある方を除く)

  • ・ ご利用無料、14.5万人の医師が利用
  • ・ 医学・医療の最新ニュースを毎日お届け
  • ・ ギフト券に交換可能なポイントプログラム
  • ・ 独自の特集・連載、学会レポートなど充実のコンテンツ

ワンクリックアンケート

大阪万博まであと1年

トップ »  医療ニュース »  2024年 »  循環器 »  男性の腹筋密度がCHDリスク低下と関連