メニューを開く 検索

トップ »  医療ニュース »  2024年 »  総合診療 »  数多くプローブを当てて上達!

数多くプローブを当てて上達!

在宅でのポケットエコー活用法

2024年03月06日 11:44

160名の医師が参考になったと回答 

 在宅医療では、病院医療に比べ医療資源が少ない中で診療を行わねばならず、問診や身体所見だけで治療方針を決定するのは難しい。そこで活用したいのがポケットエコーだ。ポケットエコーは、関心領域を観察し診断につなげるだけでなく、穿刺などの手技の安全性を高めることにも役立つ。しかし使用にはこつが必要で、ハードルが高いと感じる医師が多い点は否めない。そこで、北海道家庭医療学センター市立稚内病院総合診療医長の植村和平氏は、日本プライマリ・ケア連合会主催の第19回若手医師のための家庭医療学冬期セミナー(2月10~11日)の「在宅POCUSハンズオンセミナー」で、エコー手技の上達には「とにかく超音波プローブを当てて観察し、各部位の解剖学的構造の理解に努めることが大事」と述べた。

…続きを読むにはログイン

無料でいますぐ会員登録を行う

【医師限定】

初回登録で500円分のポイントをもれなく進呈!

(5月末迄/過去ご登録のある方を除く)

  • ・ ご利用無料、14.5万人の医師が利用
  • ・ 医学・医療の最新ニュースを毎日お届け
  • ・ ギフト券に交換可能なポイントプログラム
  • ・ 独自の特集・連載、学会レポートなど充実のコンテンツ

ワンクリックアンケート

プロスポーツチームの成績不振、一番責任が重いのは?

トップ »  医療ニュース »  2024年 »  総合診療 »  数多くプローブを当てて上達!