メニューを開く 検索

トップ »  医療ニュース »  2024年 »  精神疾患 »  舌圧の低下がサルコペニアを誘引

舌圧の低下がサルコペニアを誘引

2024年03月07日 17:00

186名の医師が参考になったと回答 

イメージ画像

 サルコペニアは加齢に伴う筋肉量および身体機能の低下と定義され、進行するとQOLに影響を及ぼし要介護リスクが高まることから、早期の発見と介入が課題である。口腔機能とサルコペニアが関連するとの報告は複数あるものの、明確なコンセンサスは得られていない。岡山大学大学院医歯薬学総合研究科の稲田さくら氏らは、サルコペニアと口腔機能および口腔状態の関連を解析。舌圧の低下が栄養状態の悪化につながり、サルコペニアを誘引するとの結果を口腔衛生学雑誌(2024; 74: 21-28)に報告した。

…続きを読むにはログイン

無料でいますぐ会員登録を行う

【医師限定】

初回登録で500円分のポイントをもれなく進呈!

(5月末迄/過去ご登録のある方を除く)

  • ・ ご利用無料、14.5万人の医師が利用
  • ・ 医学・医療の最新ニュースを毎日お届け
  • ・ ギフト券に交換可能なポイントプログラム
  • ・ 独自の特集・連載、学会レポートなど充実のコンテンツ

ワンクリックアンケート

プロスポーツチームの成績不振、一番責任が重いのは?

トップ »  医療ニュース »  2024年 »  精神疾患 »  舌圧の低下がサルコペニアを誘引