メニューを開く 検索

トップ »  医療ニュース »  2024年 »  脳・神経 »  新規ボツリヌス毒素が痙性斜頸に有効

新規ボツリヌス毒素が痙性斜頸に有効

第Ⅲ相試験ASPEN-1

2024年03月08日 16:47

203名の医師が参考になったと回答 

イメージ画像

 米・Rush University Medical CenterのCynthia L.Comella氏らは、痙性斜頸に対する新規A型ボツリヌス毒素製剤として注射用ダキシボツリヌス毒素A(DaxibotulinumtoxinA for Injection;DAXI)の2つの固定用量の有効性、奏効期間および安全性を検証する第Ⅲ相プラセボ対照二重盲検ランダム化比較試験ASPEN-1を実施。その結果、いずれの用量とも痙性斜頸の症状軽減に有効であり、作用時間が長く忍容性も高いとNeurology2024; 102: e208091)に発表した。

…続きを読むにはログイン

無料でいますぐ会員登録を行う

【医師限定】

初回登録で500円分のポイントをもれなく進呈!

(5月末迄/過去ご登録のある方を除く)

  • ・ ご利用無料、14.5万人の医師が利用
  • ・ 医学・医療の最新ニュースを毎日お届け
  • ・ ギフト券に交換可能なポイントプログラム
  • ・ 独自の特集・連載、学会レポートなど充実のコンテンツ

ワンクリックアンケート

プロスポーツチームの成績不振、一番責任が重いのは?

トップ »  医療ニュース »  2024年 »  脳・神経 »  新規ボツリヌス毒素が痙性斜頸に有効