メニューを開く 検索

トップ »  医療ニュース »  2024年 »  短報 »  抗IgE抗体製剤ゾレア、ペン製剤で追加承認

抗IgE抗体製剤ゾレア、ペン製剤で追加承認

ノバルティス ファーマ

2024年03月08日 15:49

54名の医師が参考になったと回答 

 ノバルティス ファーマは、3月5日、オマリズマブ(商品名ゾレア)に新しくペンタイプの容器に充填された注射液製剤のゾレア皮下注75mgペン、同皮下注150mgペン、同皮下注300mgペンの製造販売承認を取得したと本日(8日)発表した。

 2019年6月にプレフィルドシリンジ製剤が発売され、凍結乾燥製剤の溶解操作が不要になったが、2021年8月に気管支喘息および特発性慢性蕁麻疹において在宅自己注射の対象として認められた(季節性アレルギー性鼻炎は対象外)。そのため、医療従事者と患者の双方にとって、より簡便で安全に使用できる製剤が望まれていた。

 また今回、新たに追加された300mgは、1回投与量が300mg以上必要となる患者において投与本数が減るため、患者と医療関係者の投与負担の軽減が期待できる。

無料でいますぐ会員登録を行う

【医師限定】

初回登録で500円分のポイントをもれなく進呈!

(6月末迄/過去ご登録のある方を除く)

  • ・ ご利用無料、14.5万人の医師が利用
  • ・ 医学・医療の最新ニュースを毎日お届け
  • ・ ギフト券に交換可能なポイントプログラム
  • ・ 独自の特集・連載、学会レポートなど充実のコンテンツ

ワンクリックアンケート

長距離の飛行機での飲酒は危険。国際線でお酒を飲みますか?

トップ »  医療ニュース »  2024年 »  短報 »  抗IgE抗体製剤ゾレア、ペン製剤で追加承認