メニューを開く 検索

トップ »  医療ニュース »  2024年 »  ワーク・ライフ »  年960時間の残業が医師の生活に及ぼす影響

年960時間の残業が医師の生活に及ぼす影響

大学病院勤務医1,000人超への調査

2024年03月11日 16:20

214名の医師が参考になったと回答 

 医師の時間外労働・休日労働をめぐっては、常勤勤務医の約4割が960時間/年超、約1割が1,860時間/年超に上ると報告されている(厚生労働省「医師の働き方改革概要」)。こうした長時間労働を改善すべく今年(2024年)4月に医師の働き方改革の新制度が施行されるが、人材確保や経営面から不安視する声も上がっている。順天堂大学本郷・お茶の水キャンパス健康安全推進センター保健師の伊藤佳奈美氏は、大学病院勤務医1,000人超を対象に、長時間労働勤務と生活習慣との関連を検討した結果を第52回日本総合健診医学会(1月26~27日)で発表。「長時間労働と睡眠時間や運動習慣の不足、食事や飲酒習慣などに有意な関連が示された」と報告した。

…続きを読むにはログイン

無料でいますぐ会員登録を行う

【医師限定】

初回登録で500円分のポイントをもれなく進呈!

(5月末迄/過去ご登録のある方を除く)

  • ・ ご利用無料、14.5万人の医師が利用
  • ・ 医学・医療の最新ニュースを毎日お届け
  • ・ ギフト券に交換可能なポイントプログラム
  • ・ 独自の特集・連載、学会レポートなど充実のコンテンツ

ワンクリックアンケート

プロスポーツチームの成績不振、一番責任が重いのは?

トップ »  医療ニュース »  2024年 »  ワーク・ライフ »  年960時間の残業が医師の生活に及ぼす影響