メニューを開く 検索

トップ »  医療ニュース »  2024年 »  短報 »  武田薬品のボノプラザンが出荷調整

武田薬品のボノプラザンが出荷調整

2024年03月11日 15:26

30名の医師が参考になったと回答 

 武田薬品は本日(3月11日)、同社が製造・販売している酸分泌抑制薬の一種、プロトンポンプ阻害薬(PPI)ボノプラザン(商品名タケキャブOD錠10mg、20mg)について、今年(2024年)2月から出荷調整していることを発表した。

 原因は、他社製品の出荷調整などに伴い想定を上回る需要が発生しているためという。

 代替製品は、タケキャブ錠10mg〔PTP 100錠(10錠×10)、PTP 500錠(10錠×50)、瓶(500錠バラ)〕、同20mg〔PTP 100錠(10錠×10)、PTP 500錠(10錠×50)、瓶(500錠バラ)〕。

無料でいますぐ会員登録を行う

【医師限定】

初回登録で500円分のポイントをもれなく進呈!

(5月末迄/過去ご登録のある方を除く)

  • ・ ご利用無料、14.5万人の医師が利用
  • ・ 医学・医療の最新ニュースを毎日お届け
  • ・ ギフト券に交換可能なポイントプログラム
  • ・ 独自の特集・連載、学会レポートなど充実のコンテンツ

ワンクリックアンケート

資産形成。投資するなら?

トップ »  医療ニュース »  2024年 »  短報 »  武田薬品のボノプラザンが出荷調整