メニューを開く 検索

トップ »  医療ニュース »  2024年 »  小児 »  誕生月が幼児期のインフルに関連?

誕生月が幼児期のインフルに関連?

鍵はワクチン接種タイミングにあり

2024年03月14日 17:05

189名の医師が参考になったと回答 

イメージ画像 © Adobe Stock ※画像はイメージです

 米・Harvard Medical SchoolのChristopher M. Worsham氏らは、夏季から冬季(8月~翌年1月)に出生しインフルエンザワクチン接種を受けた幼児を対象に、誕生月別のインフルエンザ診断率を特定する準実験的研究を実施。その結果、インフルエンザ診断率は10月生まれの児で最も低かった。ただし、インフルエンザ感染リスクそのものに誕生月による差はなく、診断率の差は幼児では誕生月の年次予防健診に合わせたインフルエンザワクチン接種が多く、10月生まれの児で米疾病対策センター(CDC)が推奨するシーズン到来直前の接種割合が高いことが示された。詳細は、BMJ2024; 384: e077076)に掲載されている。

…続きを読むにはログイン

無料でいますぐ会員登録を行う

【医師限定】

初回登録で500円分のポイントをもれなく進呈!

(5月末迄/過去ご登録のある方を除く)

  • ・ ご利用無料、14.5万人の医師が利用
  • ・ 医学・医療の最新ニュースを毎日お届け
  • ・ ギフト券に交換可能なポイントプログラム
  • ・ 独自の特集・連載、学会レポートなど充実のコンテンツ

ワンクリックアンケート

資産形成。投資するなら?

トップ »  医療ニュース »  2024年 »  小児 »  誕生月が幼児期のインフルに関連?