メニューを開く 検索

トップ »  医療ニュース »  2024年 »  短報 »  GLP-1作動薬ウゴービ、FDAがMACEリスク低減での適応拡大を承認

GLP-1作動薬ウゴービ、FDAがMACEリスク低減での適応拡大を承認

ノボ ノルディスクファーマ

2024年03月14日 14:55

53名の医師が参考になったと回答 

 ノボ ノルディスクファーマは本日(3月14日)、GLP-1受容体作動薬セマグルチド2.4mg(商品名ウゴービ)について、米食品医薬品局(FDA)が心血管疾患(CVD)の既往を有する過体重または肥満の成人における心血管死、非致死性心筋梗塞、非致死性脳卒中の主要心血管イベント(MACE)のリスク低減での適応拡大を承認したと発表した。

 今回の承認は、心血管疾患の既往を有し糖尿病の既往歴のない過体重または肥満の成人を対象に、MACE予防のための標準治療の補助療法としての有効性をウゴービとプラセボで比較したSELECT試験の結果に基づく。同試験ではプラセボ群に比べ、ウゴービ投与群でMACEのリスクが20%有意に減少した(関連記事:「GLP-1薬ウゴービで心血管疾患が20%減少」)。

 ウゴービは、日本では肥満症の適応で今年(2024年)2月22日に発売されている(関連記事:「承認から11カ月、ついに抗肥満薬ウゴービ発売」)。

無料でいますぐ会員登録を行う

【医師限定】

初回登録で500円分のポイントをもれなく進呈!

(4月末迄/過去ご登録のある方を除く)

  • ・ ご利用無料、14.5万人の医師が利用
  • ・ 医学・医療の最新ニュースを毎日お届け
  • ・ ギフト券に交換可能なポイントプログラム
  • ・ 独自の特集・連載、学会レポートなど充実のコンテンツ

ワンクリックアンケート

大阪万博まであと1年

トップ »  医療ニュース »  2024年 »  短報 »  GLP-1作動薬ウゴービ、FDAがMACEリスク低減での適応拡大を承認