メニューを開く 検索

トップ »  医療ニュース »  2024年 »  小児 »  小児肺炎球菌ワクチンの実力は?

小児肺炎球菌ワクチンの実力は?

15価肺炎球菌結合型ワクチンが小児に適応拡大

2024年03月18日 11:35

191名の医師が参考になったと回答 

 保育園や幼稚園などで集団生活を送る乳幼児は多い。病原体が常在する環境での集団生活で感染を避けるのは困難だが、ワクチン接種により重篤な感染性疾患を防ぐことができる。乳幼児において重症化しやすい肺炎球菌性髄膜炎・敗血症の予防は特に重要で、肺炎球菌結合型ワクチン(PCV)の定期接種化により感染率は低下したものの、PCVに含まれない血清型による感染は依然として見られる。峯小児科(さいたま市)理事長・院長の峯眞人氏は2月に東京都で開かれたMSD主催のメディアセミナーで、小児の侵襲性肺炎球菌感染症の現状と小児に適応拡大された15価PCV(PCV15、商品名バクニュバンス)について解説。「特に侵襲性が高い肺炎球菌性髄膜炎を予防するためにも、乳幼児へのワクチン接種は重要だ」と述べた。

…続きを読むにはログイン

無料でいますぐ会員登録を行う

【医師限定】

初回登録で500円分のポイントをもれなく進呈!

(5月末迄/過去ご登録のある方を除く)

  • ・ ご利用無料、14.5万人の医師が利用
  • ・ 医学・医療の最新ニュースを毎日お届け
  • ・ ギフト券に交換可能なポイントプログラム
  • ・ 独自の特集・連載、学会レポートなど充実のコンテンツ

ワンクリックアンケート

資産形成。投資するなら?

トップ »  医療ニュース »  2024年 »  小児 »  小児肺炎球菌ワクチンの実力は?