メニューを開く 検索

トップ »  医療ニュース »  2024年 »  耳鼻咽喉 »  閉塞性睡眠時無呼吸へのCPAPで勃起障害改善

閉塞性睡眠時無呼吸へのCPAPで勃起障害改善

2024年03月18日 16:35

149名の医師が参考になったと回答 

イメージ画像 © Adobe Stock ※画像はイメージです

 韓国・Catholic Kwandong University International St. Mary's HospitalのHyeyun Kim氏らは、閉塞性睡眠時無呼吸(OSA)と診断された韓国人男性87例を対象に、OSA患者において有病率が高い勃起障害(ED)に対する持続陽圧呼吸(CPAP)療法の影響を検討。その結果、CPAP療法の開始前と比べて開始後3カ月の時点で国際勃起機能(IIEF)質問票の韓国語版により評価した勃起機能が有意に改善したとAging Male2024; 27: 2317165)に発表した。

…続きを読むにはログイン

無料でいますぐ会員登録を行う

【医師限定】

初回登録で500円分のポイントをもれなく進呈!

(5月末迄/過去ご登録のある方を除く)

  • ・ ご利用無料、14.5万人の医師が利用
  • ・ 医学・医療の最新ニュースを毎日お届け
  • ・ ギフト券に交換可能なポイントプログラム
  • ・ 独自の特集・連載、学会レポートなど充実のコンテンツ

ワンクリックアンケート

治安は悪化している? この1年で防犯対策をしましたか?

トップ »  医療ニュース »  2024年 »  耳鼻咽喉 »  閉塞性睡眠時無呼吸へのCPAPで勃起障害改善