メニューを開く 検索

トップ »  医療ニュース »  2024年 »  がん »  早期大腸がん検診で死亡率14%低下

早期大腸がん検診で死亡率14%低下

スウェーデン・約38万例の前向きコホート研究

2024年03月19日 05:00

188名の医師が参考になったと回答 

イメージ画像 © Adobe Stock ※画像はイメージです

 スウェーデン・SödersjukhusetのJohannes Blom氏らは、同国の約38万例を対象にした前向きコホート研究で、便潜血検査による大腸がん検診プログラムと大腸がんによる死亡率との関連を検討。その結果、2008年のプログラム開始後5年間に初回の検診案内を早期送付した介入群では、それ以降に送付したまたは送付しなかった対照群と比べて大腸がんによる死亡率が14%有意に低下したとJAMA Netw Open2024; 7: e240516)に報告した。

…続きを読むにはログイン

無料でいますぐ会員登録を行う

【医師限定】

初回登録で500円分のポイントをもれなく進呈!

(5月末迄/過去ご登録のある方を除く)

  • ・ ご利用無料、14.5万人の医師が利用
  • ・ 医学・医療の最新ニュースを毎日お届け
  • ・ ギフト券に交換可能なポイントプログラム
  • ・ 独自の特集・連載、学会レポートなど充実のコンテンツ

ワンクリックアンケート

資産形成。投資するなら?

トップ »  医療ニュース »  2024年 »  がん »  早期大腸がん検診で死亡率14%低下