メニューを開く 検索

トップ »  医療ニュース »  2024年 »  学会レポート »  睡眠呼吸障害から脳卒中リスクを予測

睡眠呼吸障害から脳卒中リスクを予測

2024年03月21日 17:00

191名の医師が参考になったと回答 

 閉塞性睡眠時無呼吸(OSA)をはじめとする睡眠呼吸障害の患者は重篤な心血管疾患を発症しやすいことが報告されているが、日本の脳卒中診療において睡眠呼吸障害の認知度は必ずしも高くない。獨協医科大学埼玉医療センター脳神経内科准教授の赤岩靖久氏らは、自施設の脳ドック受診者を対象にOSAと無症候性脳血管障害および認知機能との関連を検討。解析の結果、「OSAと脳卒中の危険因子である大脳白質病変に有意な関連が認められた」とSTROKE 2024(3月7~9日)で報告し、OSAを評価することで脳卒中リスクを予測できるとの展望を示した。

…続きを読むにはログイン

無料でいますぐ会員登録を行う

【医師限定】

初回登録で500円分のポイントをもれなく進呈!

(5月末迄/過去ご登録のある方を除く)

  • ・ ご利用無料、14.5万人の医師が利用
  • ・ 医学・医療の最新ニュースを毎日お届け
  • ・ ギフト券に交換可能なポイントプログラム
  • ・ 独自の特集・連載、学会レポートなど充実のコンテンツ

ワンクリックアンケート

資産形成。投資するなら?

トップ »  医療ニュース »  2024年 »  学会レポート »  睡眠呼吸障害から脳卒中リスクを予測