メニューを開く 検索

トップ »  医療ニュース »  2024年 »  がん »  新薬でトリプルネガティブ乳がんのOS5カ月延長

新薬でトリプルネガティブ乳がんのOS5カ月延長

sacituzumab govitecanの第Ⅲ相試験ASCENT

2024年03月22日 16:40

191名の医師が参考になったと回答 

イメージ画像 © Adobe Stock ※画像はイメージです

 米・Massachusetts General Hospital Cancer Center/Harvard Medical SchoolのAditya Bardia氏らは、転移性トリプルネガティブ乳がん(TNBC)に対する抗Trop-2抗体薬物複合体(ADC)sacituzumab govitecanの有効性と安全性を検証した第Ⅲ相試験ASCENTの最終解析を実施。医師が選択した単剤化学療法と比べ、sacituzumab govitecanでは無増悪生存(PFS)が約3カ月、全生存(OS)が約5カ月延長したとJ Clin Oncol2024年2月29日オンライン版)に発表した。

…続きを読むにはログイン

無料でいますぐ会員登録を行う

【医師限定】

初回登録で500円分のポイントをもれなく進呈!

(5月末迄/過去ご登録のある方を除く)

  • ・ ご利用無料、14.5万人の医師が利用
  • ・ 医学・医療の最新ニュースを毎日お届け
  • ・ ギフト券に交換可能なポイントプログラム
  • ・ 独自の特集・連載、学会レポートなど充実のコンテンツ

ワンクリックアンケート

プロスポーツチームの成績不振、一番責任が重いのは?

トップ »  医療ニュース »  2024年 »  がん »  新薬でトリプルネガティブ乳がんのOS5カ月延長