メニューを開く 検索

トップ »  医療ニュース »  2024年 »  OTプレスリリース »  未治療進行肝細胞がんへのイピニボ、OSを有意に改善

未治療進行肝細胞がんへのイピニボ、OSを有意に改善

CheckMate-9DW試験

2024年03月22日 12:20

60名の医師が参考になったと回答 

 ブリストル マイヤーズ スクイブ(BMS)は昨日(3月21日)、全身療法による治療歴のない進行肝細胞がん(HCC)の一次治療において抗PD-L1抗体ニボルマブ(商品名オプジーボ)+抗CTLA-4抗体イピリムマブ(同ヤーボイ)の併用療法をソラフェニブまたはレンバチニブと比較する非盲検第Ⅲ相試験CheckMate-9DWの結果を発表。ニボルマブ+イピリムマブ併用療法は対照群と比較して全生存(OS)を有意に改善し、主要評価項目を達成したと報告した。

 安全性プロファイルはこれまでに報告されたデータと一貫しており、確立されたプロトコルによって管理可能であることが示された。

無料でいますぐ会員登録を行う

【医師限定】

初回登録で500円分のポイントをもれなく進呈!

(6月末迄/過去ご登録のある方を除く)

  • ・ ご利用無料、14.5万人の医師が利用
  • ・ 医学・医療の最新ニュースを毎日お届け
  • ・ ギフト券に交換可能なポイントプログラム
  • ・ 独自の特集・連載、学会レポートなど充実のコンテンツ

ワンクリックアンケート

次の東京都知事、誰に投票する?(全員が東京都民と仮定して)

トップ »  医療ニュース »  2024年 »  OTプレスリリース »  未治療進行肝細胞がんへのイピニボ、OSを有意に改善