メニューを開く 検索

トップ »  医療ニュース »  2024年 »  ヘルスデーニュース »  ADHD治療薬で早期死亡リスク低下

ADHD治療薬で早期死亡リスク低下

2024年03月25日 16:15

192名の医師が参考になったと回答 

イメージ画像

 注意欠如・多動症(ADHD)と診断された患者のうち、薬物療法を開始した患者では、薬物療法を受けなかった患者と比べて治療開始から2年間の死亡リスクが大幅に低いことが、カロリンスカ研究所(スウェーデン)のZheng Chang氏らの研究で示された。研究の詳細は、「Journal of the American Medical Association(JAMA)」3月12日号に掲載された。この研究では、ADHD治療薬の使用が、特に事故や偶発的な中毒による死亡リスクの低下に大きく寄与することも示された一方で、病死などの「自然死」のリスク上昇は示されなかった。

…続きを読むにはログイン

無料でいますぐ会員登録を行う

【医師限定】

初回登録で500円分のポイントをもれなく進呈!

(5月末迄/過去ご登録のある方を除く)

  • ・ ご利用無料、14.5万人の医師が利用
  • ・ 医学・医療の最新ニュースを毎日お届け
  • ・ ギフト券に交換可能なポイントプログラム
  • ・ 独自の特集・連載、学会レポートなど充実のコンテンツ

ワンクリックアンケート

プロスポーツチームの成績不振、一番責任が重いのは?

トップ »  医療ニュース »  2024年 »  ヘルスデーニュース »  ADHD治療薬で早期死亡リスク低下