メニューを開く 検索

トップ »  医療ニュース »  2024年 »  小児 »  国内初RSV母子免疫ワクチン、その意義は?

国内初RSV母子免疫ワクチン、その意義は?

2024年03月26日 17:45

152名の医師が参考になったと回答 

イメージ画像 © Adobe Stock ※画像はイメージです

 RSウイルス(RSV)感染症は、低出生体重児および基礎疾患を有する児において特に重症化リスクが高く、重症化抑制のため抗RSVヒト化モノクローナル抗体パリビズマブ(商品名シナジス)が適応となる。一方、入院例の多くを占める基礎疾患がない正期産児におけるRSV感染症予防策はこれまでなかった。こうした状況下、今年(2024年)1月に「妊婦への能動免疫による新生児及び乳児におけるRSVを原因とする下気道疾患の予防」を適応とする組換えRSVワクチン(商品名アブリスボ筋注用)が承認された。アブリスボの販売元であるファイザーが開催したメディアセミナーにおいて、日本大学小児科学分野主任教授の森岡一朗氏は、小児RSV感染症予防策の現状と課題、母子免疫ワクチンの意義について解説した。

…続きを読むにはログイン

無料でいますぐ会員登録を行う

【医師限定】

初回登録で500円分のポイントをもれなく進呈!

(5月末迄/過去ご登録のある方を除く)

  • ・ ご利用無料、14.5万人の医師が利用
  • ・ 医学・医療の最新ニュースを毎日お届け
  • ・ ギフト券に交換可能なポイントプログラム
  • ・ 独自の特集・連載、学会レポートなど充実のコンテンツ

ワンクリックアンケート

資産形成。投資するなら?

トップ »  医療ニュース »  2024年 »  小児 »  国内初RSV母子免疫ワクチン、その意義は?