メニューを開く 検索

トップ »  医療ニュース »  2024年 »  短報 »  エフガルチギモド、慢性特発性血小板減少性紫斑病で適応拡大

エフガルチギモド、慢性特発性血小板減少性紫斑病で適応拡大

アルジェニクスジャパン

2024年03月26日 15:14

30名の医師が参考になったと回答 

 アルジェニクスジャパンは本日(3月26日)、抗胎児性Fc受容体(FcRn)抗体フラグメント製剤エフガルチギモド アルファ(商品名ウィフガート)について、慢性特発性血小板減少性紫斑病(慢性ITP)に対する適応拡大が承認されたと発表した。

 ITPは、免疫グロブリンG(IgG)自己抗体が血小板を破壊して血小板減少をきたす自己免疫疾患である。今回の承認取得はITP患者における有効性および安全性を評価した国際第Ⅲ相試験(ADVANCE試験)から得られた結果に基づいており、慢性ITPは全身型重症筋無力症に続く同薬の2つ目の適応症となる。

無料でいますぐ会員登録を行う

【医師限定】

初回登録で500円分のポイントをもれなく進呈!

(5月末迄/過去ご登録のある方を除く)

  • ・ ご利用無料、14.5万人の医師が利用
  • ・ 医学・医療の最新ニュースを毎日お届け
  • ・ ギフト券に交換可能なポイントプログラム
  • ・ 独自の特集・連載、学会レポートなど充実のコンテンツ

ワンクリックアンケート

資産形成。投資するなら?

トップ »  医療ニュース »  2024年 »  短報 »  エフガルチギモド、慢性特発性血小板減少性紫斑病で適応拡大