メニューを開く 検索

トップ »  医療ニュース »  2024年 »  短報 »  小児の侵襲性肺炎球菌ワクチン、承認取得

小児の侵襲性肺炎球菌ワクチン、承認取得

ファイザー

2024年03月26日 17:16

24名の医師が参考になったと回答 

 ファイザーは昨日(3月26日)、沈降20価肺炎球菌結合型ワクチン(商品名プレベナー20水性懸濁注)について、小児における肺炎球菌(血清型1、3、4、5、6A、6B、7F、8、9V、10A、11A、12F、14、15B、18C、19A、19F、22F、23F、33F)による侵襲性感染症の予防に対する製造販売承認を取得したと発表した。

 同ワクチンは、13価肺炎球菌結合型ワクチン(商品名プレベナー13)に小児における侵襲性肺炎球菌感染症を誘引する割合が高いとされる7種の血清型を加えたもの。

 今回の承認は、乳幼児を対象とした国内第Ⅲ相試験および海外第Ⅲ相試験の結果などに基づく。

無料でいますぐ会員登録を行う

【医師限定】

初回登録で500円分のポイントをもれなく進呈!

(5月末迄/過去ご登録のある方を除く)

  • ・ ご利用無料、14.5万人の医師が利用
  • ・ 医学・医療の最新ニュースを毎日お届け
  • ・ ギフト券に交換可能なポイントプログラム
  • ・ 独自の特集・連載、学会レポートなど充実のコンテンツ

ワンクリックアンケート

資産形成。投資するなら?

トップ »  医療ニュース »  2024年 »  短報 »  小児の侵襲性肺炎球菌ワクチン、承認取得