メニューを開く 検索

トップ »  医療ニュース »  2024年 »  感染症 »  コロナ禍で看取りに変化

コロナ禍で看取りに変化

病院から在宅への変化が加速

2024年03月27日 15:47

182名の医師が参考になったと回答 

イメージ画像

 新型コロナウイルス感染症(COVID-19) の流行により、世界各地の医療サービスが変化を余儀なくされたが、欧米に比べ日本は影響が小さいとされる。しかし超高齢社会にもたらす間接的な影響は不明だった。飯塚病院(福岡県)総合診療科の柴田真志氏、岡山大学病院総合内科・総合診療科の大塚勇輝助氏、感染症内科准教授の萩谷英大氏、同大学学術研究院医歯薬学域医療教育センター准教授の小山敏広氏らの研究グループは、COVID-19流行以降は高齢者の死亡場所として病院死が減少し、在宅死が増加する傾向にあったとPLoS One2024; 19: e0299700)に発表した。

…続きを読むにはログイン

無料でいますぐ会員登録を行う

【医師限定】

初回登録で500円分のポイントをもれなく進呈!

(5月末迄/過去ご登録のある方を除く)

  • ・ ご利用無料、14.5万人の医師が利用
  • ・ 医学・医療の最新ニュースを毎日お届け
  • ・ ギフト券に交換可能なポイントプログラム
  • ・ 独自の特集・連載、学会レポートなど充実のコンテンツ

ワンクリックアンケート

資産形成。投資するなら?

トップ »  医療ニュース »  2024年 »  感染症 »  コロナ禍で看取りに変化