メニューを開く 検索

トップ »  医療ニュース »  2024年 »  短報 »  JAK阻害薬バリシチニブ、アトピー小児と若年性特発性関節炎で適応拡大

JAK阻害薬バリシチニブ、アトピー小児と若年性特発性関節炎で適応拡大

イーライリリーとインサイト・バイオサイエンシズ・ジャパン

2024年03月27日 16:59

47名の医師が参考になったと回答 

 日本イーライリリーとインサイト・バイオサイエンシズ・ジャパン合同会社は3月26日、経口ヤヌスキナーゼ(JAK)阻害薬バリシチニブ(商品名オルミエント錠4mg、2mg、1mg)について、既存治療で効果不十分なアトピー性皮膚炎の小児への適応拡大と、既存治療で効果不十分な多関節に活動性を有する若年性特発性関節炎への適応拡大が承認されたと発表した。

 バリシチニブは、2020年12月に既存治療で効果不十分なアトピー性皮膚炎に対する適応を取得した(関連記事「バリシチニブ、アトピーに適応拡大」)。今回の小児に対する適応拡大承認により、2歳以上のアトピー性皮膚炎患児への使用が可能となる。

 また、7病型ある若年性特発性関節炎のうち、「全身型」を除く6病型に対して適応を取得した経口JAK阻害薬は今回のバリシチニブが初となる。

 日本イーライリリー自己免疫事業本部長のロータス・モールブリス氏は、「小児のアトピー性皮膚炎、多関節に活動性を有する若年性特発性関節炎はいずれもアンメットニーズが高い疾患。今回の承認で治療選択肢が増えた」と述べている。

無料でいますぐ会員登録を行う

【医師限定】

初回登録で500円分のポイントをもれなく進呈!

(5月末迄/過去ご登録のある方を除く)

  • ・ ご利用無料、14.5万人の医師が利用
  • ・ 医学・医療の最新ニュースを毎日お届け
  • ・ ギフト券に交換可能なポイントプログラム
  • ・ 独自の特集・連載、学会レポートなど充実のコンテンツ

ワンクリックアンケート

資産形成。投資するなら?

トップ »  医療ニュース »  2024年 »  短報 »  JAK阻害薬バリシチニブ、アトピー小児と若年性特発性関節炎で適応拡大