メニューを開く 検索

トップ »  医療ニュース »  2024年 »   »  ペット型ロボットが長期入院患者の癒しに

ペット型ロボットが長期入院患者の癒しに

無菌室療養中の造血幹細胞移植患者で検証

2024年03月28日 18:25

172名の医師が参考になったと回答 

 小児科患者や慢性疾患患者の療養時における精神的なケアのため、セラピードッグを導入する施設が増えている。しかし、感染予防が求められる血液疾患患者が動物と接することは難しい。東京医科大学血液内科学分野の山田晃子氏らは、造血幹細胞移植を受け無菌室で長期療養中の患者を対象に、ソニーグループが開発したペット型ロボットaibo(第二世代のERS-1000)によるストレス改善効果を検証。「一定の効果が見られた」とSci Rep2024; 14: 4737)に報告した。

…続きを読むにはログイン

無料でいますぐ会員登録を行う

【医師限定】

初回登録で500円分のポイントをもれなく進呈!

(4月末迄/過去ご登録のある方を除く)

  • ・ ご利用無料、14.5万人の医師が利用
  • ・ 医学・医療の最新ニュースを毎日お届け
  • ・ ギフト券に交換可能なポイントプログラム
  • ・ 独自の特集・連載、学会レポートなど充実のコンテンツ

ワンクリックアンケート

大阪万博まであと1年

トップ »  医療ニュース »  2024年 »   »  ペット型ロボットが長期入院患者の癒しに