メニューを開く 検索

トップ »  医療ニュース »  2024年 »  脳・神経 »  パーキンソン病に食用の豆が有効

パーキンソン病に食用の豆が有効

日本のクロスオーバー試験でLD/CD配合錠を上回る有効性

2024年03月28日 05:11

224名の医師が参考になったと回答 

イメージ画像 © Adobe Stock ※画像はイメージです

 和歌山県立医科大学脳神経内科の阪田麻友美氏らは、パーキンソン病(PD)患者7例を対象にレボドパを含有する食用マメ科植物ムクナ豆(Mucuna pruriens、八升豆)の有効性を検討するクロスオーバー試験を実施。その結果、焙煎後に粉砕した国産ムクナ豆粉末の1回摂取後では、同等の力価のレボドパ/カルビドパ(LD/CD)配合錠の1回摂取後と比べて症状が抑えられている時間(ON時間)が2倍超に延長した一方、ジスキネジアは増加しなかったとIntern Med2024年3月11日オンライン版)に発表した。

…続きを読むにはログイン

無料でいますぐ会員登録を行う

【医師限定】

初回登録で500円分のポイントをもれなく進呈!

(5月末迄/過去ご登録のある方を除く)

  • ・ ご利用無料、14.5万人の医師が利用
  • ・ 医学・医療の最新ニュースを毎日お届け
  • ・ ギフト券に交換可能なポイントプログラム
  • ・ 独自の特集・連載、学会レポートなど充実のコンテンツ

ワンクリックアンケート

資産形成。投資するなら?

トップ »  医療ニュース »  2024年 »  脳・神経 »  パーキンソン病に食用の豆が有効