メニューを開く 検索

トップ »  医療ニュース »  2024年 »  短報 »  初の自己免疫性肺胞蛋白症治療薬が承認

初の自己免疫性肺胞蛋白症治療薬が承認

ノーベルファーマ

2024年03月28日 13:34

40名の医師が参考になったと回答 

 ノーベルファーマは3月26日、自己免疫性肺胞蛋白症治療薬サルグラモスチム(商品名サルグマリン)が製造販売承認されたと発表した。

 自己免疫性肺胞蛋白症は、抗顆粒球・マクロファージコロニー刺激因子(GM-CSF)自己抗体の過剰産生により成熟肺胞マクロファージによる肺サーファクタントを含む老廃物の分解が阻害されて発症する指定難病である。

 これまで、同疾患に対し有効性が確立された治療法は区域肺洗浄または全肺洗浄のみであり、侵襲性の高さなどが課題とされてきた。今回の承認により侵襲性の低い新たな治療の選択肢が広がることが期待される(関連記事:「肺の指定難病に新たなサイトカイン吸入療法」「解説:肺指定難病への新治療法の実用化が見えた」)。

無料でいますぐ会員登録を行う

【医師限定】

初回登録で500円分のポイントをもれなく進呈!

(5月末迄/過去ご登録のある方を除く)

  • ・ ご利用無料、14.5万人の医師が利用
  • ・ 医学・医療の最新ニュースを毎日お届け
  • ・ ギフト券に交換可能なポイントプログラム
  • ・ 独自の特集・連載、学会レポートなど充実のコンテンツ

ワンクリックアンケート

資産形成。投資するなら?

トップ »  医療ニュース »  2024年 »  短報 »  初の自己免疫性肺胞蛋白症治療薬が承認