メニューを開く 検索

トップ »  医療ニュース »  2024年 »  脳・神経 »  がん関連脳梗塞に対するヘパリンの効果と意義

がん関連脳梗塞に対するヘパリンの効果と意義

肺がん患者のトルソー症候群

2024年03月29日 05:00

179名の医師が参考になったと回答 

 がんに合併する特殊な「がん関連脳梗塞(Cancer-Associated Stroke;CAS、トルソー症候群)」が近年、増加傾向にある。千葉県がんセンター脳神経外科主任医長の長谷川祐三氏はSTROKE 2024(3月7~9日)で、CASに対する治療薬の全生存(OS)延長効果を検討した結果を発表。上皮成長因子受容体(EGFR)遺伝子変異陽性の肺がん患者におけるヘパリンの効果について、注目すべき結果が得られ一定の意義が示されたという。

…続きを読むにはログイン

無料でいますぐ会員登録を行う

【医師限定】

初回登録で500円分のポイントをもれなく進呈!

(4月末迄/過去ご登録のある方を除く)

  • ・ ご利用無料、14.5万人の医師が利用
  • ・ 医学・医療の最新ニュースを毎日お届け
  • ・ ギフト券に交換可能なポイントプログラム
  • ・ 独自の特集・連載、学会レポートなど充実のコンテンツ

ワンクリックアンケート

大阪万博まであと1年

トップ »  医療ニュース »  2024年 »  脳・神経 »  がん関連脳梗塞に対するヘパリンの効果と意義