メニューを開く 検索

トップ »  医療ニュース »  2024年 »  短報 »  多発性骨髄腫に対する初の二重特異性抗体が承認

多発性骨髄腫に対する初の二重特異性抗体が承認

ファイザー

2024年03月29日 13:36

57名の医師が参考になったと回答 

 ファイザーは3月26日、再発または難治性の多発性骨髄腫に対する抗BCMA/CD3二重特異性抗体エルラナタマブ(商品名エルレフィオ皮下注44mg、同76mg)の製造販売承認を取得したと発表した。

 再発または難治性の多発性骨髄腫に対するキードラッグとして、3クラスの薬剤(免疫調節薬、プロテアソーム阻害薬、抗CD38抗体製剤)が用いられる。しかし、これらに薬剤耐性を示す患者の多くはその後の治療に十分な効果が期待できず、治療後の再発例または難治性例に対する標準的な薬物治療がなかった。

 3クラスの薬剤で少なくとも1剤が無効となった多発性骨髄腫患者を対象に実施した国際共同第Ⅱ相試験(MagnetisMM-3試験)において、エルラナタマブは臨床的に意義のある奏効率を示した。

無料でいますぐ会員登録を行う

【医師限定】

初回登録で500円分のポイントをもれなく進呈!

(6月末迄/過去ご登録のある方を除く)

  • ・ ご利用無料、14.5万人の医師が利用
  • ・ 医学・医療の最新ニュースを毎日お届け
  • ・ ギフト券に交換可能なポイントプログラム
  • ・ 独自の特集・連載、学会レポートなど充実のコンテンツ

ワンクリックアンケート

次の東京都知事、誰に投票する?(全員が東京都民と仮定して)

トップ »  医療ニュース »  2024年 »  短報 »  多発性骨髄腫に対する初の二重特異性抗体が承認