メニューを開く 検索

トップ »  医療ニュース »  2024年 »  精神疾患 »  妊娠中の抗精神病薬使用で発達障害増加せず

妊娠中の抗精神病薬使用で発達障害増加せず

北欧5カ国の大規模多国籍住民コホート研究

2024年04月01日 17:30

181名の医師が参考になったと回答 

イメージ画像 © Adobe Stock ※画像はイメージです

 オーストラリア・University of New South Wales/ノルウェー・Norwegian Institute of Public HealthのClaudia Bruno氏らは、出生前に抗精神病薬に曝露された小児における神経発達障害および学習障害のリスクを検討するため、北欧5カ国の国民登録データを用いた大規模多国籍住民コホート研究を実施。抗精神病薬への出生前曝露によるリスク上昇は認められなかったことをeClinicalMedicine2024年3月17日オンライン版)に発表した。

…続きを読むにはログイン

無料でいますぐ会員登録を行う

【医師限定】

初回登録で500円分のポイントをもれなく進呈!

(4月末迄/過去ご登録のある方を除く)

  • ・ ご利用無料、14.5万人の医師が利用
  • ・ 医学・医療の最新ニュースを毎日お届け
  • ・ ギフト券に交換可能なポイントプログラム
  • ・ 独自の特集・連載、学会レポートなど充実のコンテンツ

ワンクリックアンケート

大阪万博まであと1年

トップ »  医療ニュース »  2024年 »  精神疾患 »  妊娠中の抗精神病薬使用で発達障害増加せず