メニューを開く 検索

トップ »  医療ニュース »  2024年 »  精神疾患 »  SSRI+経口抗凝固薬で出血リスク3割増

SSRI+経口抗凝固薬で出血リスク3割増

心房細動患者対象のコホート内症例対照研究

2024年04月03日 05:10

201名の医師が参考になったと回答 

イメージ画像 © Adobe Stock ※画像はイメージです

 選択的セロトニン再取り込み阻害薬(SSRI)は、出血リスクを上昇させることが報告されている。カナダ・McGill UniversityのAlvi A. Rahman氏らは、心房細動患者を対象に経口抗凝固薬(OAC)単独とSSRI+OAC併用の出血リスクを検討する大規模集団ベースのコホート内症例対照研究を実施。SSRI+OAC併用で出血リスクが33%上昇したとJAMA Netw Open2024; 7: e243208)に報告した。(関連記事「SSRIと経口抗凝固薬で脳内出血リスク上昇」「SSRI服用30日以内の頭蓋内出血リスク高」)

…続きを読むにはログイン

無料でいますぐ会員登録を行う

【医師限定】

初回登録で500円分のポイントをもれなく進呈!

(4月末迄/過去ご登録のある方を除く)

  • ・ ご利用無料、14.5万人の医師が利用
  • ・ 医学・医療の最新ニュースを毎日お届け
  • ・ ギフト券に交換可能なポイントプログラム
  • ・ 独自の特集・連載、学会レポートなど充実のコンテンツ

ワンクリックアンケート

大阪万博まであと1年

トップ »  医療ニュース »  2024年 »  精神疾患 »  SSRI+経口抗凝固薬で出血リスク3割増