メニューを開く 検索

トップ »  医療ニュース »  2024年 »  呼吸器 »  在宅で高精度に閉塞性睡眠時無呼吸を評価

在宅で高精度に閉塞性睡眠時無呼吸を評価

2024年04月03日 15:36

159名の医師が参考になったと回答 

 閉塞性睡眠時無呼吸(OSA)患者は世界的に増加している。OSAなどの睡眠障害は他疾患の合併リスクが高いため早期発見・介入が求められるが、検査へのアクセス困難などにより患者を医療につなげられないことが問題となっている。筑波大学テーラーメイドQOLプログラム開発研究センターのJaehoon Seol氏らは、OSAの簡便な検査法として携帯式脳波計(EEG)を用いた在宅睡眠評価に着目。OSA患者77例を対象とした横断研究でEEGの有用性を検証。その結果、「EEGによる評価は終夜睡眠ポリグラフ検査と高い同等性を示し、施設検査の診断精度に匹敵しうる」とSci Rep2024; 14: 3533)に報告した。(関連記事:「睡眠の質が悪いとSBP8.7mmHg上昇」)

…続きを読むにはログイン

無料でいますぐ会員登録を行う

【医師限定】

初回登録で500円分のポイントをもれなく進呈!

(5月末迄/過去ご登録のある方を除く)

  • ・ ご利用無料、14.5万人の医師が利用
  • ・ 医学・医療の最新ニュースを毎日お届け
  • ・ ギフト券に交換可能なポイントプログラム
  • ・ 独自の特集・連載、学会レポートなど充実のコンテンツ

ワンクリックアンケート

治安は悪化している? この1年で防犯対策をしましたか?

トップ »  医療ニュース »  2024年 »  呼吸器 »  在宅で高精度に閉塞性睡眠時無呼吸を評価