メニューを開く 検索

トップ »  医療ニュース »  2024年 »  脳・神経 »  脳梗塞・失語症から回復した医師の軌跡

脳梗塞・失語症から回復した医師の軌跡

自身のリハビリ経験を報告

2024年04月04日 17:00

244名の医師が参考になったと回答 

 55歳のときに脳梗塞を発症し、失語症を来した経験を持つ陸前高田市広田診療所(岩手県)所長の坪井潤一氏は、自身の担当医である岩手医科大学病院脳神経内科・老年科教授の板橋亮氏、回復期のリハビリテーションを担当したいわてリハビリテーションセンターリハビリテーション科・脳神経内科センター長の佐藤義朝氏とともにSTROKE 2024(3月7~9日)のシンポジウム「心臓血管外科医が脳梗塞になって~自ら実践した急性期の失語症リハビリテーション~」に登壇。自身の失語症の模様や自主トレーニングについて話した。

…続きを読むにはログイン

無料でいますぐ会員登録を行う

【医師限定】

初回登録で500円分のポイントをもれなく進呈!

(5月末迄/過去ご登録のある方を除く)

  • ・ ご利用無料、14.5万人の医師が利用
  • ・ 医学・医療の最新ニュースを毎日お届け
  • ・ ギフト券に交換可能なポイントプログラム
  • ・ 独自の特集・連載、学会レポートなど充実のコンテンツ

ワンクリックアンケート

資産形成。投資するなら?

トップ »  医療ニュース »  2024年 »  脳・神経 »  脳梗塞・失語症から回復した医師の軌跡