メニューを開く 検索

トップ »  医療ニュース »  2024年 »  脳・神経 »  GLP-1薬、早期パーキンソン病の進行抑制

GLP-1薬、早期パーキンソン病の進行抑制

フランス・リキシセナチドの第Ⅱ相ランダム化比較試験

2024年04月10日 15:31

206名の医師が参考になったと回答 

イメージ画像 © Adobe Stock ※画像はイメージです

 フランス・French Clinical Research Network for Parkinson's Disease and Movement DisordersのWassilios G. Meissner氏らは「GLP-1受容体作動薬リキシセナチドを早期パーキンソン病(PD)患者に1年間投与した結果、運動障害の進行が抑制された」とN Engl J Med(2024; 390: 1176-1185)に報告した(関連記事:「経口GLP-1薬をパーキンソン病治療に転用」)。

…続きを読むにはログイン

無料でいますぐ会員登録を行う

【医師限定】

初回登録で500円分のポイントをもれなく進呈!

(5月末迄/過去ご登録のある方を除く)

  • ・ ご利用無料、14.5万人の医師が利用
  • ・ 医学・医療の最新ニュースを毎日お届け
  • ・ ギフト券に交換可能なポイントプログラム
  • ・ 独自の特集・連載、学会レポートなど充実のコンテンツ

ワンクリックアンケート

資産形成。投資するなら?

トップ »  医療ニュース »  2024年 »  脳・神経 »  GLP-1薬、早期パーキンソン病の進行抑制