メニューを開く 検索

トップ »  医療ニュース »  2024年 »  学会レポート »  脳出血の二次性脳損傷に神経保護薬でアプローチ

脳出血の二次性脳損傷に神経保護薬でアプローチ

2024年04月10日 16:31

171名の医師が参考になったと回答 

 近年、高血圧や喫煙といった危険因子の管理および薬物療法の進歩により脳梗塞の発症率が低下する一方、脳出血の予後はこの20年間で改善が得られていない。岐阜薬科大学学長/薬効解析学教授の原英彰氏は第43回日本画像医学会(2月23~24日)で、脳出血の基礎研究結果を報告。神経保護薬を用いて脳出血の病態にアプローチすることで、発症後数日~数週間で起こる血腫による化学的な障害である二次性脳損傷を抑制する方法について述べた(関連記事「アンデキサネット アルファが血腫増大を回避」)。

…続きを読むにはログイン

無料でいますぐ会員登録を行う

【医師限定】

初回登録で500円分のポイントをもれなく進呈!

(5月末迄/過去ご登録のある方を除く)

  • ・ ご利用無料、14.5万人の医師が利用
  • ・ 医学・医療の最新ニュースを毎日お届け
  • ・ ギフト券に交換可能なポイントプログラム
  • ・ 独自の特集・連載、学会レポートなど充実のコンテンツ

ワンクリックアンケート

資産形成。投資するなら?

トップ »  医療ニュース »  2024年 »  学会レポート »  脳出血の二次性脳損傷に神経保護薬でアプローチ