メニューを開く 検索

トップ »  医療ニュース »  2024年 »  がん »  1回のPSA検査で、前立腺がん死亡リスク微減

1回のPSA検査で、前立腺がん死亡リスク微減

英RCTの二次解析、15年の追跡結果

2024年04月22日 16:18

164名の医師が参考になったと回答 

イメージ画像 © Adobe Stock ※画像はイメージです

 英・University of BristolのRichard M. Martin氏らはこれまでに、50~69歳の男性41万例超を登録し、前立腺特異抗原(PSA)検診が前立腺がん死亡率に与える影響を検討したクラスターランダム化比較試験(RCT)CAPで、中央値10年の追跡においてPSA検査が前立腺がん死亡率に影響を及ぼさないことを示している(JAMA 2018; 319: 883-895、関連記事「単回PSA検査で前立腺がん死は低減せず」)。 このほど同氏らは、中央値で15年追跡した同試験の二次解析結果を報告。PSA検診を案内しない対照群と比べ、1回案内した群で前立腺がん累積死亡リスクが低かったJAMA 2024年4月6日オンライン版。ただし、死亡率に対する絶対的な便益は小さかったという。(関連記事「主要ながん検診に寿命延長効果はない」)

…続きを読むにはログイン

無料でいますぐ会員登録を行う

【医師限定】

初回登録で500円分のポイントをもれなく進呈!

(6月末迄/過去ご登録のある方を除く)

  • ・ ご利用無料、14.5万人の医師が利用
  • ・ 医学・医療の最新ニュースを毎日お届け
  • ・ ギフト券に交換可能なポイントプログラム
  • ・ 独自の特集・連載、学会レポートなど充実のコンテンツ

ワンクリックアンケート

次の東京都知事、誰に投票する?(全員が東京都民と仮定して)

トップ »  医療ニュース »  2024年 »  がん »  1回のPSA検査で、前立腺がん死亡リスク微減