メニューを開く 検索

トップ »  医療ニュース »  2024年 »  医療制度 »  人口減少の日本、医師の働き方改革は大転機

人口減少の日本、医師の働き方改革は大転機

課題を踏まえ木戸道子氏が呼びかけ

2024年04月26日 14:35

185名の医師が参考になったと回答 

 今年(2024年)4月、医師の働き方改革が本格的に始まった。しかし、宿日直中の労働への対応など課題は残る。日本赤十字社医療センター(東京都)第一産婦人科部長の木戸道子氏は「宿日直許可や自己研鑽の解釈によって見かけの労働時間を減らして問題を先送りするよりも、実質の労働時間を削減し医療提供の効率化に向けた取り組みが必要だ」と指摘。「日本には人口減少社会の中でも成立する医療提供体制を構築する大きな転機が到来している」と、第121回日本内科学会(4月12~14日)で訴えた(関連記事「年960時間の残業が医師の生活に及ぼす影響」)。

…続きを読むにはログイン

無料でいますぐ会員登録を行う

【医師限定】

初回登録で500円分のポイントをもれなく進呈!

(6月末迄/過去ご登録のある方を除く)

  • ・ ご利用無料、14.5万人の医師が利用
  • ・ 医学・医療の最新ニュースを毎日お届け
  • ・ ギフト券に交換可能なポイントプログラム
  • ・ 独自の特集・連載、学会レポートなど充実のコンテンツ

ワンクリックアンケート

日赤名古屋第二病院で高校生が誤診により死亡。何が問題か?

トップ »  医療ニュース »  2024年 »  医療制度 »  人口減少の日本、医師の働き方改革は大転機