メニューを開く 検索

トップ »  医療ニュース »  2024年 »  短報 »  デュピルマブ、慢性閉塞性肺疾患で適応拡大申請

デュピルマブ、慢性閉塞性肺疾患で適応拡大申請

サノフィ

2024年04月30日 16:03

69名の医師が参考になったと回答 

 サノフィは4月26日、抗インターロイキン(IL)-4/13受容体抗体デュピルマブ(商品名デュピクセント)について、慢性閉塞性肺疾患(COPD)に対する治療薬として、製造販売承認事項一部変更申請をしたと発表した (関連記事「デュピルマブが特発性の慢性蕁麻疹に適応拡大」)。

 今回の申請は2件の第Ⅲ相試験の結果に基づく。同薬はこれらの試験において、生物学的製剤として唯一中等度または重度のCOPDの急性憎悪を有意に減少。12週後の呼吸機能の有意な改善およびその効果の52週までの持続、QOLの改善、呼吸器症状の改善を示した。

 同薬はこれまでにアトピー性皮膚炎、結節性痒疹、気管支喘息、鼻茸を伴う慢性副鼻腔炎、既存治療で効果不十分な特発性の慢性蕁麻疹の5つの適応で承認を取得している。

無料でいますぐ会員登録を行う

【医師限定】

初回登録で500円分のポイントをもれなく進呈!

(6月末迄/過去ご登録のある方を除く)

  • ・ ご利用無料、14.5万人の医師が利用
  • ・ 医学・医療の最新ニュースを毎日お届け
  • ・ ギフト券に交換可能なポイントプログラム
  • ・ 独自の特集・連載、学会レポートなど充実のコンテンツ

ワンクリックアンケート

次の東京都知事、誰に投票する?(全員が東京都民と仮定して)

トップ »  医療ニュース »  2024年 »  短報 »  デュピルマブ、慢性閉塞性肺疾患で適応拡大申請